トップ / 結婚式の招待状がに関すること

ウェディングドレスの情報

結婚式の招待状が届いたら 

結婚式の招待状が届いたら、できるだけ早く返信するよう心がけましょう。招待状には期限が書かれていますが、それは出席者数を確認するための最終期日なので、届いてから3日以内を目安に出すようにしましょう。やむを得ず結婚式を欠席する場合は、都合をつけようと努力したことが伝わるように1週間後くらいに返信します。詳しい理由を明記する必要はなく、特に弔辞や病気など、縁起がよくない理由は記さないのが基本です。出席の場合はお祝いの気持ちを、また欠席の場合は残念な気持ちを伝えるメッセージを、それぞれ一言添えるのも大切です。

招待状の書き方で知っておく事 

結婚式の招待状をいただいたら、先方さんに「あの人は招待した事を喜んでいない」と思われないよう、なるべく早く返信します。出席か欠席かの欄はどちらかを丸で囲み、該当しない方と「御」の文字は二重線で消さなければなりません。御住所、御芳名も丁寧な言葉の部分は二重線で消し、「住所」「名」となるようにします。さらに結婚を祝福する一言を添える事、別れや再婚を連想させるような言葉は使わない事、往復はがきを出す際には「行」を「様」に書き換えるなど、大人なら常識のマナーがありますので、きちんと理解しておかないと恥をかくことになってしまいます。インターネットでも調べられますので、自信がない場合は基本を確認します。

結婚曲選び